タイトル リアルタイムPCR検査

 当院は患者様への負担を軽滅させ、科学的検査に基づき歯周病菌を遺伝子レベルで検査を行い、治療していく医院です。

皆様に安心して通っていただける医院を目指しております。

従来の痛みを伴う治療中心の考え方
痛みの少ない予防中心の考え方

 考え方を変えるだけで痛みもなく、歯周病のリスクが減らせるとしたら・・・

 痛みのない顕微鏡検査・遺伝子検査を行い、歯周病菌から体を守り、健康を手に 入れませんか?

1.リアルタイムPCR検査とは(遺伝子学的診断)

 今まで歯周病菌としか言われなかったものを、具体的にその菌名を特定し、診断に取り入れていくやり方です。

 歯周病菌の特定、その数をPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)を用いた方法で測定していきます。

 PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)による増幅を経時的(リアルタイム)に測定することで、増幅率に基づいて鋳型となるDNAの定量を行うことです。

 このリアルタイムPCR検査は顕微鏡検査同様に痛みのない検査です。

2.検査方法

 患者様のお口の中からペーパーポイントで歯肉溝の中のサンプルを取るだけです。数分で終わり痛みは全くありません。麻酔の必要もありません。

 検査結果は10日後にお知らせいたします。

 患者様への負担を経滅させ、科学的検査に基づき、歯周病菌を遺伝子レベルで検査を行い治療していきます。

3.治療費

菌3種類 1回 10,800円(税込)

菌5種類 1回 21,600円(税込)

※除菌を行った後でも歯周病菌は感染することがあります。

※年に1回は遺伝子検査を行うことをお勧めします。

4.リアルタイムPCR検査でわかる細菌(Red Coomplex)

 顕微鏡で確認できるのは、T.denticolaのみです。(形が特徴的なので)P.gingialis菌とT.forsytheusis菌は非常に小さい桿菌なので、顕微鏡では判別できません。そのため、リアルタイムPCR法によるDNA診断が必要になります。

 Red Complex(レッドコンプレックス)とは・・・

Red Complex(レッドコンプレックス)とは

 お口の中には900種類の細菌が住んでいます。
Red Complex(レッドコンプレックス)と呼ばれる3菌種(P.g.菌、T.d.菌、T.f.菌)は、ピラミッドの頂点に位置し、重度の歯周炎に最も影響を及ぼしていると言われています。

5.内科的歯周病診断

 歯周病菌の検査はPCR法が開発されたことにより、菌の種類を特定することが可能となり、また、歯周病菌の比率を特定することにより、抗生剤の投与治療を行うことが可能になりました。

 歯周病歯周病菌による感染症なので、細菌の除去が必要になります。

 お薬で簡単に痛みなく治ります。
(お薬が合わないために10%程度で治りにくい患者様もいらっしゃいます)

 内科的治療を行うことで除菌ができます。

顕微鏡で歯茎の菌の状態を観察写真

顕微鏡で歯茎の菌の状態を観察

Td菌(トレポネーマ・デンティコーラ)写真  Td菌(トレポネーマ・デンティコーラ)
カンジダ真菌写真  カンジダ真菌
リアルタイムPCR(歯周病菌のDNA検査)写真

リアルタイムPCR
(歯周病菌のDNA検査)

各菌に対して薬を服用し抗カビ剤で歯磨きをする写真

各菌に対して薬を服用し抗カビ剤で歯磨きをする

 顕微鏡検査歯周病菌のDNA検査に痛みはありません。

6.歯周病菌は血液を介して全身へ

歯周病菌は血液を介して全身へ

 歯周病は全身疾患と関係していると言われています。歯周病を治すことで病気のリスクが減る場合があります。

 最近では、歯周病も糖尿病の合併症の一つと言われています。カロリー制限をしても運動に気をつけていても、血糖値が改善しない。そんな時は歯周病の可能性も疑ってみてください。

 歯周病が悪化すると、血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなり、血糖コントロールがうまくいかなくなるからです。糖尿病で高血糖状態が続くと、歯周病を進行させる原因にもなります。

 歯周病歯周病菌による感染症なので、細菌の除去が必要になります。

7.歯周病は感染するのかな?

歯周病は感染するのかな?

 スキンシップ、家族での食べ物の共有、飲み物の共有などから感染します。一人が治療してもすぐに感染する可能性があるので、ご家族皆様での治療をお薦めします。

 歯周病歯周病菌による感染症なので、細菌の除去が必要になります。


メインメニュー
サイドメニュー
サイト内検索
フィード
最新の記事
タグ