タイトル 削らない治療を可能にした接着性コンポジットレジン

前歯の隙間を埋める場合の治療の流れ

レントゲン撮影、歯周基本検査、クリーニング
レントゲン撮影、歯周基本検査、クリーニングイラスト

まずは基本的な検査から行います。

歯の表面に接着処理
ペースト状のコンポジットレジン(プラスチック樹脂)を盛り、
隙間を埋める(自然な色を選びます)
ペースト状のコンポジットレジン(プラスチック樹脂)イラスト

接着処理後にペーストを盛り上げます。

ペーストを光で固めます
形を整えて研磨します。
形を整えて研磨しますイラスト

丁寧に形を整えます。

※歯を削っていないので麻酔は必要ありません。

※定期的なメインテナンスにより、歯の表面の着色を除去し、きれいな状態を保つことができます。

 コンポジットレジンとは直訳すると合成の樹脂です。歯と同じような色調、硬さ、磨耗性を備えた修復材料(詰め物)です。

 このコンポジットレジン自体には、歯に接着する性質はありません。そのため接着剤(ボンディング剤)を使用します。

 この接着の技術を用いることにより、歯を削らずに歯の形や大きさを修復したり、隙間をなくすことが出来るようになりました。


メインメニュー
サイドメニュー
サイト内検索
フィード
最新の記事
タグ