タイトル 昭和の作家の歯科事情

2008年9月30日

吉行淳之介と山口瞳の対談集より

吉行淳之介と山口瞳の対談集

吉行   今日は歯の話をするんだよな。山口さんは一本ぐらい残っているの?
山口   一本もないです、今は
吉行   寝る時、不気味に枕もとのコップに入れますか
山口   古いなぁ 入れ歯を入れる専用の容器があるんです。
      枕もとのコップなんて昔の話ですよ。
吉行   ボクは下の歯が一本もない。それでもかまわず、はめたまま寝てたわけ
      そしたら朝になって行方不明のことが二度あった。二度目の時は
      いくら探してもない。こりゃあ、胃の中に入ったにたがいないが、
      今日は日曜日だ。ともかく医者にいってまずレントゲンで所在を
      確かめて回復手術をするのかなどと思っているうちに、そういう時は
      ほうれん草を食べるといいと思い出した。
山口   ボクも一度だけあった。夜中に背中が痛い。入れ歯が落ちて、背中を
      噛んでいる。入れ歯をしまう容器があるんですよ。今度それを
      差し上げます。
吉行   要りませんよ、そんなもの

入れ歯は、寝る時にははずすことをお薦めします。それにしても、ほうれん草とがいいとは初耳です。作家の方々も歯には苦労していたようですね。


メインメニュー
サイドメニュー
サイト内検索
フィード
最新の記事
タグ
 /