タイトル トップページ内容

歯周内科概論

 歯周病は細菌類の感染症であるという認識の上に立ち歯周病菌の除菌、カビ菌のコントロールにより歯周病病原性のない正常菌叢の獲得を目的としております。

 外科的な治療に先立ち、位相差顕微鏡 リアルタイムPCR検査の結果にもとづき抗菌剤、抗カビ菌剤を用いる内科的治療法です。

歯周内科治療年間250症例以上

保険診療適応です

(歯磨剤代約2,100円別途かかります)

 今までの歯周病(歯槽膿漏)治療は原因となる細菌を器具を使って取り除くというものでした。歯ブラシで歯の表面の細菌の数を減らし、歯石取りで細菌の住みかを取り除き、歯周外科手術で歯茎を骨から剥がし、歯茎の奥の病巣を取り除く治療が主流でした。それでも、すべての歯周病菌を全滅させるのは不可能なのです。

 歯周内科治療はこれまでとは異なった新しい考え方であり、薬で歯周病(歯槽膿漏)を治療します。

  • 当院では歯周内科治療を取り入れて以来、歯周病(歯槽膿漏)による抜歯や歯周外科手術が減り続けています。
  • 簡単な方法で苦痛を伴わない治療方法です。
  • 治療開始一週間で、約9割の方が症状の改善を実感されています。
  • 口臭予防効果もあります

☆当院では2003年より「歯周内科治療」を取り入れており、
「国際歯周内科学会」の会員です。


  「前歯の隙間が気になる」、「歯の形態・変色が気になるけれど、虫歯ではないので歯を削りたくない」と思っている方は多いのではないでしょうか?

 コンポジットレジンでの治療は、患者様にとって負担の少ない治療法です。

◆メリット

  1. 治療回数が1回で済みます。
  2. 虫歯になっていなければ歯を削りません。
  3. 金属アレルギーの方にお勧めです。

◆デメリット

  1. まれにですが一部が欠けたり、はずれたりすることがあります。
  2. 噛み合わせや隙間の程度によって、適応外になってしまうこともあります。

できるだけ削らない治療について

◆前歯が抜けても削らない

☆削らないコンポジットレジンブリッジ

● 治療前 ●   ● 治療後 ●

« 治療症例1

治療回数    1回
治療時間    45分
治療費     68,000円(税込)
歯は全く削っておりませんので麻酔も必要ありません
前歯が抜けても削らない症例写真1治療前写真 前歯が抜けても削らない症例写真1治療後写真

◆患者さんの声

患者さんの声1写真

☆H・Tさん

1回の治療で削らず、気になっていた前歯の隙間が治って大満足です。



 当院では、暫くの間、診療室以外は照明をおとしております。
 節電にご協力お願いいたします。

 治療を円滑に行うためにも予約制となっております。急な痛み、腫れなどでお困りの場合はすぐにでも対応いたしますが、それ以外は出来ましたらお電話でのご予約をお願いいたします。


患者様ごとに歯科医師、歯科衛生士ともに未使用のグローブを使用しております。
基本セット、リーマボックス、切削バーも毎回滅菌済みのものを使用。

感染予防1 感染予防2
● 使用前 ● ● 使用後 ●

紙コップなど使い捨てのものを出来るだけ使用し感染予防に取り組んでいます。

☆歯を削る機器は患者様ごと、滅菌したものを使用しております。

感染予防3

書籍で紹介されています

「歯周病は薬で治る」内容紹介

☆自院の特徴・・・

 治療と平行して、虫歯、歯周病の予防にも重点をおいております。治療終了後のメンテナンスにも力を入れております。

☆歯周内科治療についての感想・・・

 三年前からこの治療を取り入れております。位相差顕微鏡にて、治療前、治療後の細菌の変化を患者さんに説明してます。

 症状の軽い、重いは人それぞれですが、多くの方に歯肉の変化を短期間で実感して頂いています。何よりも、簡単で痛みを伴わないので患者さんには優しい治療だと思います。


メインメニュー
サイドメニュー
サイト内検索
フィード
最新の記事
タグクラウド